外装リフォームブログ

2017年7月28日(金)

下塗り作業について

皆さんこんにちは!ハッピーホームの栗原です。

本日は、下塗り作業について解説をしていきますのでご一読お願い致します。

下塗り作業とは、高圧洗浄をした後に行う一回目の塗装ですが、下塗りは二回目三回目の塗料とは違い専用の下塗り塗料を塗ります。

では、何のために下塗りをするのかについて説明いたします。

下塗りとは、外壁塗料を外壁と密着させるために必要な工程です。つまり下塗材は、外壁と塗料をつなぐ接着剤のような役割をしているということです。下塗り作業をせずにいきなり上塗り塗料を塗るとうまく塗装が密着せずにひび割れや、剥がれの原因となってしまいます。

工程は、下の写真のように周りから塗っていきます。白くなっているところが、下塗り塗料を塗ったところです。

 

h8

そして周りを塗ると全体を塗っていきます。

 

h10

このように全体を塗ることで上塗りの塗料が、外壁に密着しやすくなります。

h9

その上から上塗り塗料を塗っていくときれいにぬることができるのです!

IMG_0408.JPG

このようにきれいになるのも下塗り作業を丁寧に行ったことによって成り立つことですし、これから先も外壁を長持ちさせることにも役立っているということです。

つまり下塗り作業とは、外壁塗装の縁の下の力持ちのような役割ということですね!

長い文章でしたが、ご一読頂きましてありがとうございます。

これからも外壁のことについて精進して学んでいきますので次回のブログの方もお楽しみに!

福山市・尾道市・府中市で屋根・外壁塗装をお考えの方はぜひハッピーホームへ!

 

カテゴリー:

2017年7月26日(水)

アステック防水塗料

皆様こんにちは!!

ハッピーホームの今橋です。

今回はアステック社の防水塗料のご紹介をさせていただきます。

防水塗料

ご存知ですか?外装塗料で最も重要な機能は「防水性」です!

相談件数の多い不具合部位(戸建住宅)

ひび割れは、美観だけの問題ではありません!

幅0.3mm以上のひびは、『構造クラック』と呼ばれ、補修の必要があるひびです。裏面まで貫通している可能性があります。

水の浸入を放置すれば、建物内部で劣化がどんどん進行します。

ひびが貫通しているということは、水の浸入経路ができているということ。

このような事態を避けるためには防水性能をもった塗料を選ぶことが重要です!

アステックの人気No.1防水塗料「ピュアアクリル塗料」

建物自体にひびが入っても600%伸縮する塗膜が水の浸入を防ぎます!

アステックの防水塗料は伸縮率600%!

しかも、可塑剤は未使用。伸縮性を長期間維持します!

一般的な弾性塗料は、樹脂に可塑剤を添加することで塗膜に弾性をもたせますが、3~5年で可塑剤が気化してしまい、弾性を失います。対してピュアアクリル塗料は、樹脂そのものが弾性をもつため、長期にわたって弾性を維持します。

製品ラインナップ

EC-100PCM

優れた防水性、遮熱性、耐候性を有する工場・倉庫向けの屋根用塗料。雨漏りや室内温度の上昇を防ぐ、高機能塗料です。

EC-5000PCM

住宅を長期に渡って保護する高機能外壁用塗料。ピュアアクリル樹脂を使用し、高い耐候性を有しています。また優れた伸縮性により防水効果も抜群です。

EC-5000PCM-IR

ピュアアクリル樹脂を使用。EC-5000PCMの優れた防水性・耐候性に加え、遮熱効果を持ち、アステックペイントの中でも最高ランクの機能性を持った塗料です。

※福山市で外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事をするならハッピーホームへ!!※

カテゴリー:

2017年7月20日(木)

C/guard

みなさんこんにちは!

ハッピーホームの岡本です。

今回は屋根材のの新商品のご紹介をさせて頂きます。

屋根にも金属製のガルバリウム鋼鈑や、セメント素材のモニエル瓦、スレート系のカラーベストやコロニアル瓦等あります。

前までは屋根の塗装や、葺き替え、重ね張り工法などでお手入れをされてきた方が多いのではないかと思います。

今回は平板スレート屋根材の新商品C/guard(シーガード)のご紹介!!!

スレート屋根の塗装や重ね張りにもデメリットがあります。

まず塗装の問題点から。

平板スレート屋根材の再塗装は、数年で剝がれてしまうことが多く、上下・左右の勘合部でペンキの目詰まりが発生しやすく雨漏りの原因につながります。

 

次に重ね張り工法の問題点。

平板スレート屋根材上からの軽量屋根材での重ね張りは、既存の平板スレートの上から屋根材をビス止めするために、既存スレートがビスが貫通するときに割れてしまい、割れたままで上から屋根材に抑えつけられてる状態になってしまいます。

しかも塗装よりもかなり割高なお値段になってきます。

そんな時にC/guardがオススメです!

シーガードの施工方法はこのようになっております。

シーガード

このように既存の平板のスレート屋根に専用の接着剤で施工するだけ!!

このシーガードは施工が安心なだけではありません!!!

美観性と耐久性に優れた、ネオマットを使用しておりガルバリウム鋼板層の上に下塗塗装・有機系骨材が配合された仕上げ材で仕上げてあります。

性能

現在自宅が平板のスレートですよって方是非ハッピーホームへお問い合わせください!!

カテゴリー:

2017年7月10日(月)

外装の修繕時期について(屋根編)

皆様こんにちは、ハッピーホーム新人の伊藤です。

私が入社してから早いもので、3か月が経ちました。そろそろ「新人」を卒業しなければならないなと思う今日この頃です。

 

さて、見出しにありますとおり今回は外装(屋根)の修繕時期、つまり「塗装の時期」についてお話をしていこうと思います。

屋根と言っても様々な種類がありそれぞれ特徴が異なります。では一つづつ見ていきましょう!


 

スレート系(カラーベスト)

関連画像

代表的な屋根の一つで、石質の薄い板を使用しています。劣化すると表面の割れや反り、屋根面の接合部の下地の腐食、板金を止めている釘の浮が起こり始めます。10年以上経つと汚れやコケがついたり、色あせも目立つようになりますので内部に腐食がないか点検をしてもらいましょう!

塗装目安7~8年

 

こんな症状に注意!

色あせ:スレート系屋根材の色あせは赤信号!天井裏の雨染みは屋根が傷んでいる証拠です。

割 れ:色あせがさらに劣化すると、ひび割れや破損につながることがあります。コケやカビが生えている屋根をよく目にしますが、これが「割れ」の原因になります。スレート系屋根材の劣化を放置し、そこに力が加わると割れて雨漏りが発生してしまいます。

※スレート瓦の割れ

「スレート屋根割れ」の画像検索結果

 


 

セメント系

「セメント瓦」の画像検索結果

セメント瓦とは、セメントと川砂を1対2~3の割合で混ぜたモルタルを、型に入れ形成し塗装したものです。紫外線・風雨・温度変化等で塗膜の劣化が進行すると、素材のセメントの劣化も早くなるので、もろくなる前に定期的なメンテナンスをお勧めします。

塗装目安10~15年

 

こんな症状に注意!

色あせ:セメント系の屋根材は色あせを起こすため、定期的な塗装が必要です。

ズ レ:瓦がずれると、建物の中に雨水が侵入しやすいです。放置すると躯体を痛め、建物の寿命を縮めてしまいます。

割 れ:塗膜が剥がれ表面に骨材が現れた状態は、もろく少しの力で割れてしまいます。ここが雨漏りの原因になります。

※セメント瓦のズレ

「セメント瓦のずれ」の画像検索結果


 

粘度系(瓦)

「粘土瓦」の画像検索結果

寿命が長く、色落ちがほとんどない粘土瓦。汚れがひどい場合は洗浄するか、部分的に交換するかを検討する必要があります。ズレや浮があれば、瓦を固定している屋根面の接合部の漆喰が崩れている可能性があります。コケや雑草を放置すると根から雨水を屋根に引き込む原因となります。

塗装目安20~30年

 

こんな症状に注意!

ヒビ・コケ:瓦の表面に細かいヒビが入った現象を貫入(かんにゅう)と言います。小さなものは問題ありません。

ズレ:漆喰が剥がれ、瓦が固定されていない状態です。少しの衝撃で瓦が落ちる危険な状態です。

※粘土系瓦のコケ

「瓦のヒビ・コケ」の画像検索結果

 


 

金属系(銅板)

関連画像

さびにくい金属として古くから使用されており、最も安くて経済的な屋根材です。銅は緑青(ろくしょう)が出て緑色に変色すれば、それ以降長期にわたって使用できます。接する素材との組み合わせで劣化が早くなると言われていますので注意が必要です。

塗装目安10~20年

 

こんな症状に注意!

サビ:一度さびてしまうと、健全な部分にもサビが侵食してしまいます。最後には穴が開いてしまいます。

浮き:劣化すると板金を止めている釘の浮きや屋根材の割れ、反りが起こります。浮きを放置すると水分がしみこみます。台風や強風の後は、浮き上がったりガタついているところがないかしっかりと点検してもらいましょう!

※金属瓦のサビ

「金属瓦のサビ」の画像検索結果


いかがでしたでしょうか?自分のお家の屋根の状態を把握し、適切な処置を施すことによりお家の寿命を延ばせることができます。

もちろん屋根の上に登るのは大変危険が伴いますので、ご自分で屋根に登ることはなるべくなら避けてください。思わぬけがや事故にあってしまう可能性があります。

遠くから屋根を確認し、少しでも気になる点・不安な部分があればハッピーホームご相談ください!

 

 

 

 

 

カテゴリー:

4件



これから外壁塗装をご検討の方はこちら
Suidobiの特徴を知りたい方はこちら

人気塗料ランキング 外壁
人気塗料ランキング 屋根
「あなたのお家をキレイに塗り替える7つのカギ」無料プレゼントはこちら
外壁塗装塗装施工事例 外壁サイディング 屋根リフォーム ハイドロテクトコート スーパームキコート シリコン塗料

まだまだあります すべての施工事例はこちらから

お問い合せはこちらから
無料点検実施中 シロアリ対策 バイオ洗浄 最新のイベント・キャンペーン

採用情報サイト

水廻りから増改築まで住まいのことなら何でもお任せ!
大切な家をしっかり守る|ハッピーホームの雨漏り研究室 ハッピーホームだからできる安心5年点検保証 2回目の塗装の際は、屋根カバー工法がオススメ!! リフォーム前に知っておくべき!外壁・屋根リフォームの7つの知識
商品ラインナップ GAINA \898,000 スーパームキコート \898,000 防水塗料アステック \898,000 ファイン4Fセラミック \888,000 ファインシリコンフレッシュ \698,000 人気塗料ランキング外壁 人気塗料ランキング屋根 価格表
塗料別施工事例

お問い合わせはこちら